個人で購入できる?

リサイクル料金が含まれない仕組みを知っておく

家電量販店でパソコンを購入すると、家庭用のパソコンが購入できます。あまり見る人はいないでしょうが、ノートパソコンの裏を見るとPCリサイクルのシールが貼られています。このシールは購入代金にリサイクル費用が含まれている意味になり、廃棄時にリサイクル費用を負担する必要はありません。法人向けパソコンはメーカーサイトの法人向けのページなどから購入ができ、法人や地方自治体などはこちらから購入をします。個人でどうしても購入したいなら法人向けのサイトから注文をすると購入ができますが、家庭向けと違ってリサイクル料金が購入代金に含まれていないので注意が必要です。パソコンの裏面にはPCリサイクルのシールが貼られておらず、廃棄時に別途負担が必要になります。

法人の特権が得られない可能性

パソコンには家庭向けと法人向けがあり、パソコンの知識がある人だと法人向けを購入してカスタマイズした方がいい時もあります。ただメーカーのショッピングサイトには家庭向けしか掲載されていないので、こちらから法人向けは買えません。メーカーには別途法人向けが設けられていて、法人登録などをした上で希望の商品を選んで購入します。では個人が法人向けパソコンを購入するにはどうするかですが、法人向けサイトで一定の登録をすれば購入が可能です。個人事業者や一般消費者などでも登録はできますが、法人として扱われないために法人に適用される法人特別価格が適用されなかったりします。価格上のメリットが得られなくてもいいなら利用してもいいでしょう。