普通のパソコンとの違い

普通のパソコンよりも価格が安い

PCリサイクルマークを知っていますか?普通のパソコンにはPCリサイクルマークがついています。このリサイクルマークがついているパソコンは、PCを処分する際に費用がかかりません。パソコン本体の価格にリサイクル料金が含まれているからです。一方、法人向けパソコンにはリサイクルマークがついていないので、PCを処分したいという時には費用が発生してしまいます。しかし、パソコン本体の価格にリサイクル料金が含まれていないので、普通のパソコンよりも安く購入できるというメリットがあります。以上の理由から、普通のパソコンと法人向けパソコンの違いは、PCリサイクルマークが付いているのか、付いていないのかに「違い」があると言えるでしょう。

余計なアプリが入っていない

パソコンで作曲する方や、趣味で動画編集する方など、パソコンの使用方法は人によって違いますよね。そんな時、普通のパソコンなら標準搭載されているソフトやアプリケーションを使って、作曲や動画編集が出来てしまいます。しかし、法人向けパソコンには、音楽を聴いたり、動画を鑑賞するなど、趣味で使用するようなソフト・アプリが入っていません。もちろん、購入するモデルによるので一概には言えませんが、ビジネスで必須のソフトやアプリしか入っていない…なんていう事もあります。とは言え、余分なアプリやソフトが入っていない分、法人向けパソコンは価格が安いです。社内で大量に導入すると言った場合は、明らかに価格差が出るかもしれません。社内でパソコンを導入する場合は、こういった点に注目してみてはいかがでしょうか?